WORK#3

WORK#3

米国市場、ドル円は上昇

新型ウィルス対策への期待感

5日の米国株式市場、外国為替市場ではドルが上昇しました。

①新型コロナウイルスによる肺炎に効果的な治療薬を発見したとの報道を受け、アジア・欧州株が全面高となり買いが先行。

否定する報道も

世界保健機関(WHO)は5日、新型コロナウイルスの画期的なワクチンや治療法が見つかるのではないかの報道へ水を差しました。

②WHOの公衆衛生上の緊急事態プログラム責任者のマイク・ライアン氏はジュネーブでの記者会見で新型ウイルスには「実証された有効な治療法はない」と述べた。

WORK#3

今回で3回目のWORKになります。Vlogで結果がでている方が一人でも増えれば幸いです。今回を含む三回目までのチャートラインや解説通りにトレードしてルールを守っていれば今回のドル円に関しても1円の大きな値幅を取れたのではないでしょうか。

トレードに絶対などはありませんが要はここさえ守ればいいです。

①勝負できる期待値が高いと思われるポイントに絞り取引を繰り返す事。

②決めたポイントから思惑とは逆に動けば一度損を確定させる

勝ち負けという定義は人の心理を良い意味でも悪い意味でも追い詰めるしそれは普通の人間なら感じる事なので経験を積んで慣れるしかない。

現実に起きる悪状況に振り回されず上記二点に絞った取引のみを繰り返せば理論上資金を大きく失う事はない。

後はどれだけ利幅を伸ばせるかです。(含み損なら持ち続ける事が可能なわけですから)

Work#3ドル円

日足チャート

WORK#1WORK#2はこちらのリンクを押せばジャンプします。

上位足の節目で取引を繰り返す。

昨日のドル円

週足に引ける節目でロング。損切りはその直下に置く。結果勝ち

週足に引ける節目でショート、損切りはその直上に置く。結果負け

月足に引ける節目でショート、損切りはその直上に置く。結果勝ち

リスクに対する期待値は相当な利益をもたらします。取引き結果に基づく勝率など気にする必要はありません。

4時間足チャート

ルール①引いた水平線にタッチしたらエントリー

今回チャートに番号を書き忘れましたが時間軸を落としてチャートを見てみるとチャンスが増えるのは一目瞭然ですが全てを取る必要はありません。

いつだって同じルール

今回は番号を書いてないので細かな説明は省きますが同じルールのみでトレードは上達しますよ。

ルール復習

①上限下限に引いた水平線にタッチしたらエントリー

②エントリーした水平線を一度でも上抜けるもしくは下割れば一度損切りする。

連敗は気にしなくていいので同じ事をとにかく徹底して繰り返す。

2019年度トレード結果

12月度+42.4pips

11月度+135.6pips

10月度+453.4pips

9月度+670.5pips

8月度+592.1pips

7月度+363.3pips

FX予備校マネーアップ

我が師Ketty(その他プロトレーダー)のトレード手法や投資の技術、相場の知識などを

動画や記事の形式で学習できるサービスになります。

そしてたったの月額980円です

投資には最低限の知識が必要にはなるので個人的にはオススメします。