Today’s ドル円/Weekly

NO IMAGE

おはようございます。

先週のトレード結果は下記に掲載していますが課題が多いトレード内容となりました。

こういった時こそ立ち止まってはいけない。

個人的に現状を改善する時は下手糞なトレードをした時に課題と改善策を考えています。

トレード自体はある一定の上達が続くようになればわかるようになると思いますが勝ち負けよりも

タイミング細かな部分に関して技術力を求めるようになります。

僕のトレード動画をTwitterやブログで見ている方なら少し位はわかると思いますがトレードポイントがほぼ同じです。

同じようなポイントを待ち、繰り返し狙い撃ちしています。

要は個人的に期待値が高いと思う同じパターンでしかトレードをしないという事になります。

過去にトレードを教えていた事がありますが脱落する皆さんもやってはいけない同じことを必ず繰り返しています。

それは仕方がありません。

ですがこの同じことがポイントなんだと思います。


改善すべき事は

同じことをして失敗する経験を減らし

同じようにして成功する経験を増やす

シンプルにこれだけなのですが簡単にはできません。今すぐできなくても大丈夫です。

それならどうすればいいのかいくつか解決策を考えてほしいです

その解決策によって失敗より成功する経験値を増やせているならそれでいいと思います。

まずそれを見つけ固定する事が上達への早道だと思います。


今も今後も絶対に教えたりはしません。

それは何故かというと仮に僕が教えていてもその方がどんな気持ちでエントリーしたかは本人しかわからず

もしかすると本人すら説明ができず理解できていない事かもしれません。それを僕が理解するのはさらに難しいという事です。

僕はそういった経験から逆に教えて簡単にできる程トレードは甘くないと思いました。そしてある意味この経験からその難しさを学びました。


個人的には師匠がいた方が良いと思う。

師匠のロジックが合う合わないはやっていけばわかる事なので相性が合えば根気強く諦めない事。

そうやって自分に合う合わないかを見極めて自分に合ったトレードスタイルを探して自身でスキルを磨いていけばいいです。

だからこそ自分で切り開いていく事が大切なんだと思います。

それが何より一番納得できます。

なので今週もノートに一つでも課題を書き改善する努力をしてみて下さい。

Weekly

10月度 2週目トレード結果

10/7    +40pips

10/8    ノートレード

10/9 +57pips

10/10  +18.7pips

10/11   ノートレード

週合計 +115.7pips

10月進捗+115.7pips

9月度+670.5pips

8月度+592.1pips

7月度+363.3pips

主要株価指数

日経平均株価 +246.89(+1.15%)

NYダウ +319.92(+1.21%)

S&P500 +32.14(+1.09%)

ナスダック総合 +106.27(+1.34%)

FX予備校 マネーアップ

我が師Ketty(その他プロトレーダー)のトレード手法や投資の技術、相場の知識などを

動画や記事の形式で学習できるサービスになります。

そしてたったの月額980円です

投資には最低限の知識が必要にはなるので個人的にはオススメします。

 押さえておきたい為替ポイント

・日本、米国、カナダが祝日で休場
・米国の国債市場と長期金利
・主要な株式市場(米国中心)
・トランプ大統領及び政権による決定や発言
・米中貿易問題(貿易協議で部分合意し、10月15日の対中制裁関税引き上げは見送り)
・米国の金融政策(10月30日にFOMC金融政策発表)
・トランプ大統領の弾劾問題
・英国のEU離脱問題(10月31日にEU離脱を予定)
・欧州の金融政策(来週・10月24日にECB金融政策発表)
・米欧貿易問題(10月18日に米国による対EU報復関税発動)
・原油と金を中心とした商品市場
・金融市場のリスク許容度
・米国の大手金融機関と主要企業の決算発表が相次ぐ(決算発表期間が開始)
・香港情勢
・人民元(人民元安誘導)
・北朝鮮情勢
・トルコ情勢(シリア問題)
・日本の金融政策(10月31日に日銀金融政策発表)


米国の注目経済指標

特になし

米国以外の注目経済指標

特になし

Today’s ドル円

週足チャート

先週は直近高値を越えました。

個人的な想定としては直上の抵抗ラインを目指してきたら逆張りを検討したい局面ですが

ショートを打つなら下位足がWトップ、トリプル、保合いになる必要があるので様子を見て行きたいと思います。


日足チャート

繰り返しボックス形成してくる大口投資家の戦略は僕ら個人投資家にとってラッキーな事でもあります。

一定のパターンが表れているので売買判断や損切りラインも決定しやすいと思います。


4時間足チャート

この段階で逆張りはリスク。

ここでの逆張りは期待値が低くなります。スキャルなどのド短期トレーダーはありかも知れませんが。

個人的には期待値が低い局面でのトレードは失敗に繋がりやすので見送りたいと思います。

欧州時間まで値動きを待ち判断します。

今回のブログはここまでとなります。最後まで読んで頂きありがとうございます。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。