Today’s ドル円

NO IMAGE

おはようございます。

昨日はノートレードになりました。

米国市場では追加関税の一部延期発表を受け

米中貿易摩擦や景気後退を巡る懸念が和らぎNYダウ、ナスダックが上昇。

そして為替市場でもドル円は上昇となりました。

トランプ大統領はこういった事を繰り返し相場を動かしているように思います。

逆にいえば利益を上げやすい、分かり易いとも捉える事ができます。


8/13トレード結果

なし

(1週目+69.2pips/2週目+98.1pips

押さえておきたい為替ポイント

★米国の国債市場と長期金利

★主要な株式市場(米国中心)

★米中貿易問題(対中制裁関税第4弾を発表、為替操作国に指定)

★人民元(人民元安誘導、為替操作国指定など)

★トランプ大統領や政権による発表や決定及び発言

★夏季休暇などで取引参加者が激減する時期

★金融当局者や要人による発言

★金融市場のリスク許容度(リスクオフの流れが加速中)

★原油と金を中心とした商品市場

★英国のEU離脱問題(ボリス・ジョンソンが保守党党首及び首相に就任)


FXスイングトレードランキング

米国の経済指標

21時30分:米)輸入物価指数

23時30分:米)週間原油在庫

米国以外の経済指標

9時30分:豪)ウエストパック消費者信頼感指数

10時30分:豪)第2四半期賃金コスト指数

11時00分:中)鉱工業生産

11時00分:中)小売売上高

15時00分:中)固定資産投資

15時00分:独)第2四半期GDP【速報値】

17時30分:英)消費者物価指数&【コア】

17時30分:英)小売物価指数&【コア】

17時30分:英)生産者物価指数&【コア】


本日のドル円

日足チャート

日足レベルでのショートカバーや損切りを巻き込み一気に戻しが入りました。この後は待ち構えている日足トレーダーの売りが加速します。

ここからどの時間軸のトレーダーも利益を上げやすい相場環境となります。

4時間足チャート

4時間足チャートでは日足レベルにに引ける節目(緑)でタッチし上昇は失速となっています。

ここから4時間足レベルの押し目形成、もしくはこのまま買い上げられるかになります。

個人的には一旦、ショート目線と判断します。

1時間足チャート

1時間足レベルでも同じく日足レベルに引けるレジスタンスラインでタッチ。

ここからMA(赤)までは押しと判断します。

そこから下抜けるかは現状ではわかりませんがチャートを見ていれば方向性は掴めるので

時間をかけて見ていきたいところです。


今日の記事はここまでになります。

今回のblogが少しでも参考になれば幸いです。

各地台風のようなのでお出かけの際は十分に注意して下さい。

*本blogは、相場の個人見解を過去チャートから解説した、教育目的で制作されたものです。したがって、未来の利益を保証するものではなく売買判断も行っておりませんので、投資をされる場合にはリスクを十分考慮した上、ご自身でご判断ください


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。