Today’s ドル円

NO IMAGE

おはようございます。

朝からジムで経済ニュースを見ていると

どの著者も8月の急騰、急落注意を促す執筆が多く見られます。

そしてトランプ大統領がFRBへさらなる利下げの要求を促しました。

8月の閑散相場は薄商いになり年始のように

フラッシュクラッシュのような円高アタックに注意が必要になります。

下落すればするほど日本人の買い支えも当然入ります。

そして当然狩りにくる投機筋がさらなる下落相場へと誘導します。

どんな相場環境でもそうですが大きな損失を避けるトレードを心掛けて下さい。


押さえておきたい為替ポイント

★日本が祝日で休場

★週明け

★米国の国債市場と長期金利

★主要な株式市場(米国中心)

★米中貿易問題(対中制裁関税第4弾を発表、為替操作国に指定)

★人民元(人民元安誘導、為替操作国指定など)

★トランプ大統領や政権による発表や決定及び発言

★夏季休暇などで取引参加者が激減する時期

★金融当局者や要人による発言

★金融市場のリスク許容度(リスクオフの流れが加速中)

★原油と金を中心とした商品市場

★英国のEU離脱問題(ボリス・ジョンソンが保守党党首及び首相に就任)

米国経済指標

特になし

米国以外の経済指標

特になし


本日のドル円

日足チャート

日足レベルのドル円は8月1日から一気に急降下し、下げ幅を拡大している状況です。

高値切下げなき安値更新を継続しています。

本来は日足での戻しを待ち頭から売りを仕掛ける取引が理想のトレードです。

その為、日足では見送りと判断します。


4時間足チャート

4時間足レベルでは下落トレンド継続中。

今後、黒枠内でどういった動きをするのかがポイントになります。

MA(赤)まで戻し再度売られるのか、もしくは過去に引ける日足レベルの節目付近(緑)まで戻し一旦損切り狩りに来るのかというところです。


1時間足チャート1時間足レベルでは前回、方向感のないチャート形状から一旦のブレイクで安値更新。

現状では売り買いの攻防となっていますのでここでも様子見とします。

もしトレードするなら下位足レベルで短期トレードが無難かもしれません。

夕方以降の値動きを見ていきたい所です。


成長は人の負けからでも学べる。

最近知り合った人に偶然とFXやNISAなどの投資をしている人がいました。

でもやはり資金が増える事はなく年始の暴落や今回の急落で資金の20~30%を失ったとの事でした。

ここからが本題です。僕は人の負け方を力にしています

聞こえは悪いのですがたくさんの方の相談や失敗を聞いてきました。

そのほとんどの方がほぼ同じような負け方をしています。

同じような失敗さえしなければいいんですがそう簡単ではないのが本音です。

どうすればいいのか

失敗例は排除し取り入れない事。

決めたルールで一定数繰り返しトレードをする。

まずはここから結果に繋げていく必要があります。

相場はそれだけではないのですが恐らくその失敗や考え方を見直すだけでも

今より成績は良くなると思います。

僕はそんな方の話を聞く側だから成長が早く上手くなれたのだと思います。

今日の記事はここまでになります。

今回のblogが少しでも参考になれば幸いです。

それではまた!!


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。