FXトレードポイント/ユーロポンド

NO IMAGE

おはようございます。

本日は朝から出ているので記事は前日の夜に執筆しています。

その為、本日の経済指標の更新はありません。

そして昨日はユーロポンドの1トレードとなりました。

今週はユーロポンドの取引ばかりになっています。

週間着地は100pipsで考えています。


8/7トレード結果

獲得+46.1.pips

損失0pips

今週計+82.5pips

(1週目+69.2pips

8/6の結果は

こちらをクリック⇒2019/08/06

押さえておきたい為替ポイント

★米中貿易問題再燃

★米国の主要株式市場

★米国の国債市場、長期金利

★トランプ大統領や政府の発言

★原油、金を中心とした商品市場

EU離脱問題


米国経済指標(更新なし)

米国以外の経済指標(更新なし)


ユーロポンド/トレードポイント

4時間足チャート

上昇トレンド中

前回の記事からトレード根拠のルールには変更はありません。

最高値を更新できない状況からの高値切り下げの逆張りショートのトレードとなります。

押し目形成の可能性もあるのでまだトレンドの継続も十分に考えられます。

blog配信時点でどうなっているのかが楽しみですね。


1時間足トレー

青枠の短期トレードになりました。

売り勢力も耐えている状況で二点抑えていますが買い勢力の力もあり切り上げています。

このまま三角保合いになるかのような形状になってきました。

執筆が7日なので8日市場OPEN時点でチャートを見ればある程度の判断がしやすくなるところまできていると思います。


30分足チャート

ルールは逆張り短期トレードになるので予め大まかになりますが利確目標を設定しています。

今回は青枠の頭からショートポジションを取り過去のレジスタンスライン7/30付近を利確目標としました。


 

パッと見た時にはトレンドのない状況で方向感がありませんが上位足では上昇中です。

今回も短期トレード逆張りがルール。そして欲張らない事が前提だったので結果的に上手くいったと考えています。

逆張りはすぐに逃げる準備も必要だし狩られる事も注意しなければならない。

大切なのは自分が考えたシナリオでトレードする事です。


トレードしたら逆行する

最初は皆そう思います。それが当然だと思います。

どんな事もたくさんの経験し諦めなければ悪い経験が結果的には良い結果だったのだと

思えるそんな日がいつか訪れると思います。

特にトレードの場合はリアルマネーが動くので失敗から学べる要素がとても多いと思います。

それでは本日リフレッシュしてきます。

良い一日を!!

今回のblogが少しでも参考になれば幸いです。

それではまたね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。