リアルトレード

NO IMAGE

おはようございます。

今週はいくつかの金融政策発表が控えていますね。

トランプ大統領はFRBに対して大幅な利下げを要求し刺激を与えています。

トランプ大統領の考えやFRBパウエル議長の考えも理解はできます。

僕たち個人投資家にとってはそういった思惑を利用して利益を得なければいけません。

経済状況、チャートの本質を理解し把握する事はとても重要になります。

諦めない限り必ず上達します。頑張りましょう。

そして昨日Twitterの方では2本のトレード動画を先行で投稿しました。

既に公開した動画を視聴して下さった方も多いと思いますが

今回のblogの方にも昨日の2トレードの動画を掲載しています。

今週のトレード結果

9月3週目トレード(9/16~9/20)

9/16     110.1pips

9/17     

9/18    

9/19    

9/20     

週合計 +110.1pips

9月合計+132.5pips

1週目+10.4pips

2週目+12pips

7月度+363.3pips

8月度+592.1pips

主要株価指数

日経平均株価 +228.68(+1.05%)

NYダウ -142.70(-0.52%)

S&P500 -9.43(-0.31%)

ナスダック総合 -23.17(-0.28%)

FX予備校 マネーアップ

我が師Ketty(その他プロトレーダー)のトレード手法や投資の技術、相場の知識などを

動画や記事の形式で学習できるサービスになります。

そしてたったの月額980円です

投資には最低限の知識が必要にはなるので個人的にはオススメします。


押さえておきたい為替ポイント

・明日18日FOMC金融政策発表を控える
・明後日19日日銀金融政策発表を控える
・明後日19日SNB金融政策発表を控える
・明後日19日BOE金融政策発表を控える
サウジ原油施設ドローン攻撃問題
・米国の金融政策(明日・9月18日にFOMC金融政策発表)
・米国の国債市場と長期金利
・トランプ大統領や政権による発表や決定及び発言
・主要な株式市場(米国中心)
・米中貿易問題(10月上旬に米中貿易交渉を予定)
・金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMC金融政策発表までブラックアウト期間)
・日本の金融政策(今週・9月19日に日銀金融政策発表)
・原油と金を中心とした商品市場(9月14日にサウジアラビアの原油施設がドローン攻撃)
・欧州の金融政策(先週・9月12日にECB金融政策発表を消化済み)
・英国のEU離脱問題(10月31日にEU離脱を予定)
・金融市場のリスク許容度
・人民元(人民元安誘導、為替操作国指定など)
などが重要となる。

米国の注目経済指標

22時15分:米)鉱工業生産

米国以外では
10時30分:豪)第2四半期住宅価格指数
10時30分:豪)RBA議事録公表(9月3日開催分)
18時00分:独)ZEW景況感調査

リアルトレード/オージー円


リアルトレード/ユーロ円


それでは今回の記事はここまでとなります。

少しでもblogが参考になれば幸いです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。