トレードポイント/ユーロドル

NO IMAGE

おはようございます。

昨日はEURが大きく売られ下落。

ECB金融政策の利下げ前倒し観測による断続的な売りと考えられる。

そして個人的にもトレードはユーロドルとなりました。保有ポジションは建値STOPで撤退。

3戦2勝0敗1分け

獲得+95.2pips

損失0pips

週計+95.2pips

月計+235.3pips

今月は300pipsを目指します。

株価指数

NYダウ+177.29

ナスダック+47.27


押さえておきたい為替ポイント(7/24更新)

英国メイ首相が辞任しボリス・ジョンソン氏が新首相に就任

明日25ECB金融政策発表

米国の主要企業決算

米国金融政策(7/31FOMC金融政策発表)

EU離脱問題

原油、金を中心とした商品市場

米中貿易問題

イラン情勢

国債市場、長期金利

トランプ大統領や政府の発言


本日の米国注目経済指標(7/24更新)

23:00:)新築住宅販売件数

23:30:)週間原油在庫

26:00:)5年債入札

米国以外の注目経済指標(7/24更新)

16:15:)製造業PMI【速報値】

16:15:)サービス業PMI【速報値】

16:30:)製造業PMI【速報値】

16:30:)サービス業PMI【速報値】

17:00:)製造業PMI【速報値】

17:00:)サービス業PMI【速報値】


昨日のトレードポイント/ユーロドル

日足チャート

赤枠のショートを仕掛けました。

トレードポイントは日足レベルの節目(黒)このラインは過去から意識されている強いポイントとなります。

そこをブレイクすると判断したのは2つの要素があります。

テクニカル的な判断としては高値を切り下げている事。そしてそのポイントにデキレース感のある節目。

ファンダメンタルズ要素の判断は冒頭にも伝えたECB金融政策の利下げ観測が一致した事です。

4時間足チャート

赤枠を獲得し決済は2回に分けました。

一気にブレイクアウトし安値を更新。

その後もサポレジ転換することなく断続的な売り。

ファンダメンタルズ要素が大きく関係したことを感じさせる強い下落

1時間足チャート

1時間足レベルでの三尊天井を形成しそのままブレイク。

朝一に赤枠の底部分で残りを全決済しトレードを終える。

今回の結果

結果の取引履歴スクショはTwitterの方へ公開しています。

見たい方は是非確認してください。

後トレードなどの細かな詳細はTwitterfacebookを中心に発信しています。

基本トレードの内容しか発信していませんので知らない方は是非覗いてはみて下さい。


今月も満足な結果で順調なので今日明日はゆっくり他府県へ遊びに行きたいと思います。

それでは皆さんトレード頑張ってください。

今回の記事はここまでとなります。

少しでも参考になれば幸いです。それでは今日も良い一日を。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。